ダイエットの味方の外食といえば、うどんよりもお蕎麦?

| トラックバック(0)
イエット中だけれど、お出かけしたら食事したいですよね。
外食といえば、ハンバーグとかパスタが食べたいと思ってしまいますが、ここはぐっと我慢してあっさりした麺類でも食べようかなと思いました。
となると、うどんかお蕎麦となりますがどっちがいいかなと思い、以前調べたことがあります。

それによると、うどんは小麦粉で作られていますよね。
最近、糖化はダイエットだけでなくアンチエイジングの敵でもあります。
小麦製品は糖化を促進するみたいだから、なるべく摂取しない方がいいかなって思っています。
そこで残るのはお蕎麦です。

蕎麦はカロリーが低いだけでなく、ルチンがたっぷり入っているそうです。
ルチンといえばアンチエイジングですね。
血行を促進して美肌にもいいんです。

できれば十割蕎麦がいいですね。
蕎麦の割合が高いですから。
できたらてんぷらとか食べない方がいいですが、山菜とか野菜のてんぷらなら食物繊維も入っているのでよしとします。


トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、hat002が2014年6月 3日 17:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「やっぱり二の腕はしまった状態が理想」です。

次のブログ記事は「娘のいやいや期がようやく終わった・・・長かったよ(泣)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31